言葉がビジネスをつくる!“言語化”のポイント

こんにちわ!

ブランディングと集客で
戦略的に
“個”のステージアップを実現する

筒井晴子です。

今日は
あなたのビジネスを一気に加速させる
“言語化のポイント”について
お届けします。

お客さまに響く
“言語化の重要性”
については
何度かこのブログでも
お伝えしてきました。

今日はそれを生み出す
ポイントについて。

そもそも
“言葉”には
熱量があります。

人をやる気にさせるのも、
人のやる気をそぐのも。

みなさんも
“言葉”に影響を受けたことは
少なからずあるのではないでしょうか。

このように
“影響”をつくることが出来るのが言葉であり、
言語の重要性です。

ここで質問です。

ご自身の体験から
何らかの言葉で影響を受けたときの
“感情”を思い返してみてください。

例えば
予期せぬ別れのシチュエーション
『もう2度と会うことはない』
などと一方的に言われたとき。

または
『この仕事、あなたにお願いして
 本当に良かった』と、
とても感謝されたとき。

・・・
いかがですか?
何か思い出しましたか?
それは良い思い出ですか?
悪い思い出でしたか??

不思議なもので
それぞれの場面で
言葉と共に思い返せるのが
“感情”です。

言い換えると
言葉は“感情”と共に
インプット
されます。


なので
お客さまの心に響く“言葉化”
を身に着けると
圧倒的に表現の幅が広がり、
表現そのものが
印象的になります。

ではそのポイントとは?!
――――――――――――――― 
五感にアプローチする言葉
する
―――――――――――――――
という手法です。

五感とは

視覚
聴覚
味覚
嗅覚
触覚


です。

では、具体的にはどのように??

――――――――――――― 
ヒット曲を参考にすべし!!
――――――――――――― 


ヒット曲には
五感を刺激するワード
たくさん入っています。
表現方法を参考に!

例えば
近頃話題の
Official髭男dismの
I LOVE…では

♪高まる愛の中 変わる心情の中
 燦然と輝く姿は 
 まるで水槽の中に飛び込んで
 溶けた絵の具みたいな ~
 ~
♪こんな鮮やかな色彩に(視覚)
 カーテンで作られた暗闇(聴覚)
 鼠色の街の中で(嗅覚)
 その証を抱きしめて(触覚)
 

のように、
五感を刺激するワードがふんだんで

情景が浮かび、
言葉の熱量を感じます。

まるで
自分が登場人物になったように
心に響く!これこそが
”のポイントです。

どんなに良いことでも
相手に伝わらなければ意味がありません。

ビジネス相手でも、お客さまに対しても
影響力を持つ“言語”です。

ご自身の“言語化”に五感をプラスして
是非オリジナルの世界観を
紡ぎだしてください。

言葉のエネルギー量、
これは私がとても大切に考えている部分でも
あります。

そちらは
また近くお伝えしますね☆


いかがでしたか?

ご自身のビジネスや商品に置き換えて
イメージすることは出来ましたか?

今日はこの辺で!
では、また☆

タイトルとURLをコピーしました