blog

blog

組織における信頼の重要性

前回の記事でセルフマネジメントスタイルについて書きましたが、組織がセルフマネジメントスタイルを実行する上で欠かせない原則の一つが「信頼」です。 そもそも【組織】とはなんでしょうか?色々な定義があると思いますがここでは 同じ目的に向かって一丸となり目的を達成するための人々の集まり とします。組織を支える土台である【信頼】は厚みがあればあるほどコストとスピードに良い影響を与え、その[...]
blog

マネジメントスタイルについて考える

2023年がスタートしましたね。一年の初めには年頭所感や目標の設定をしたり、特に経営者やマネージャーの方は、会社や組織の在り方について考えを巡らせる時間が多かったのではないでしょうか。 今回は、マネジメントスタイルについて考えてみたいと思います。 マネジメントスタイルには大きく2つあり、・トップダウンスタイル・セルフマネジメントスタイルに分けられます。 トップダウンスタ[...]
blog

ユニフォームから紐解く、カタールW杯日本代表のチームコンセプトとスポンサー事情について

先日、11月にいよいよ迫ったカタールW杯の日本代表メンバーが発表されましたね。メンバー発表会見に臨んだ森保監督は、「これまでの活動、今の選手の置かれている状況、そしてワールドカップでの戦いを見通した時に、総合的に考えて”今のベスト”として選考させていただきました」とのこと。選手をどのように選ぶのか聞かれ、A代表のコーチ・スタッフ陣が現在10名いてそのメンバーで討論しながら決めていると答えていまし[...]
blog

キッザニアのブランドポジショニングについて

子供が少し大きくなってきたので先日ずっと楽しみにしていたキッザニア東京に行ってきました。 少子化が社会問題になっているにも関わらずこんなに子供っているんだ!と思わず思うほどの大盛況でした。 世界中で展開しているキッザニアは、子供が様々な職業体験ができる「体験型テーマパーク」で、日本には東京のほかに兵庫県と福岡県にあります。 施設内でしか使えない独自通貨のキッゾを仕事をすると貰え[...]
blog

オンラインフィットネスサービスの実際のところ

コロナ禍でのおうち時間が後押しし、気軽に家にいながら運動ができることで人気に火がつき、オンラインフィットネスサービスが急拡大しています。 宅トレユーチューバーという肩書の方がたくさんYouTubeチャンネルを開設していますが、ここで紹介するオンラインフィットネスサービスは、有料で自宅で運動できる独自のコンテンツをもつデジタルサービスです。 オンラインフィットネスのメリットは何と言って[...]
blog

ゼロ・ウェイストを発信しつづける町

皆さん「ゼロ・ウェイスト」という言葉を聞いたことがありますか? 「ごみをゼロにする」ことを目標に、できるだけ廃棄物を減らそうとする環境社会政策のことで、大量生産、大量消費の現代社会に疑問を持った人の活動により、今、世界中に広まっています。 2020年時点で、世界では年間約21億トンものゴミが排出されており、そのうちリサイクルされているものは3億2300万トンとまだ僅かです。プラスチッ[...]
blog

広がる脱マスク論争でビジネスはどう変わる?

新型コロナウィルスの感染拡大から丸二年が経ち、流行と落ち着きを繰り返しながら、徐々にwithコロナからafterコロナにフェーズが変化してきています。 感染予防のガイドラインの見直しなどが検討される中、欧米の国民のマスク事情なども鑑みて、脱マスク論争が繰り広げられています。 政府は、屋外で周囲と2メートル以上離れている場合や会話がほとんどない時はマスクが不要と判断。公園での散歩、ラン[...]
blog

「睡眠改善サービス」が盛り上がっているワケ

睡眠とは、人間の三大欲求の一つであり、世のビジネスパーソンにおいては特に重要な関心事です。 日本人は働き者だとよく耳にしますが、実は世界的に見てもトップクラスの「眠れていない国」なのです。20歳以上の39.2%は睡眠時間が6時間未満と短く、経済協力開発機構(OECD)が調査した33カ国のうち、日本の平均睡眠時間は最低の数字です。 睡眠には、「脳や交感神経を休ませる」「成長ホルモンで代[...]
blog

エシカル消費を意識した行動とは?

SDGsの17の目標において、12番「つくる責任 つかう責任」に密接に関係しているエシカル消費。 わかりやすく言うと「自分以外の人間、社会、地域、環境などに配慮して消費を行うこと」「そうした姿勢の企業を応援すること」を指します。 エシカル消費と聞くと難しい取り組みのように感じがちですが、私たちが買い物するときに、環境や社会に貢献する商品を選ぶだけでOKという気軽なものです。 ①[...]
blog

大躍進の3COINS、驚きのSNS戦略とオリジナリティー

国内に231店舗を展開し、コロナ禍を追い風に売上を伸ばしている雑貨屋3COINS(スリーコインズ)。 税抜300円のプチプラ雑貨を中心に、衣食住に関わる2000種類ものアイテムを取り扱っています。2020年9月~はオンラインショップもスタートしました。 コロナ禍の巣籠需要により、売上高は2021年2月期(2020年3月~2021年2月)には259億6000万円に。さらに2021年3~[...]
タイトルとURLをコピーしました